いまさら人に聞けない!大人のたしなみ

弔事の装いQ&A

突然のできごとに対しても毅然と美しく振舞えてこそ大人の女性。弔事の席にも、装いのマナーをきちんと押さえ、洗練された姿で臨みたいものです。

 

告別式の代わりに「お別れ会」が行われます。どんな服装で参列すればよいですか?

 

略喪服程度の装いが適当。指定があればそれに従います。

最近は、葬儀、告別式を行わず、故人の人柄に合わせた「お別れ会」「送る会」「偲ぶ会」などの形をとるケースがあります。ホテルなどの一室で行われるため「ホテル葬」などとも呼ばれ、特定の宗教色はないのが一般的です。招待状で服装が「平服で」と指定されている場合は、喪服は着ないのがマナー。とはいえ、控えめな色のスーツやワンピースなど、きちんとした装いを心がけましょう。指定がない場合は、略喪服程度の装いがよいでしょう。

正喪服、準喪服、略喪服の違いとは

 

偲ぶ会に呼ばれたのですが、どんな服装で行けばいいのでしょうか?

 

参列者は平服が一般的

偲ぶ会とは本葬、または告別式の代わりに行なわれる簡略化した式のことです。
その場合、会場はホテルなどを利用、参列者は平服を着用するのが一般的です。

立場やシーンによって違う、装い方の基本

 

初めてのブラックフォーマル。何を揃えれば安心ですか?

 

着回しのきくアンサンブルと専用の靴、バッグを。

おすすめは、ワンピースと上着がセットになったアンサンブル。ワンピースを袖の短いものにしておけば、夏はワンピースで、冬はアンサンブルとして、1年中着こなすことができます。靴とバッグは、ブラックフォーマル専用のシンプルなものを1つ用意しておきましょう。大人としてのたしなみを感じさせるなら、アクセサリーや念珠も持っておきたいところですが、絶対ではないので、少しずつ揃えていきましょう。



基本を知って、恥ずかしくない装いを

スーツ・アンサンブル カテゴリへ
フォーマルバッグ・靴 カテゴリへ
 

初めて葬儀に行きます。アクセサリーと小物のポイントは?

 

基本は黒で光らないもの。ネックレス等は真珠もOK。

バッグや靴は、色は黒で布製やカーフ素材など光沢の少ないものを。飾りがついたものや、殺生を連想させる爬虫類素材は避けます。アクセサリーについてはネックレスとイヤリング程度で控えめに。黒や白の真珠が無難ですが、オニキスやジェットなど黒の素材も使われます。いずれにしても、二連や三連のものは「不幸が重なる」ことを連想させるので避けましょう。指輪については、マリッジリング以外ははずします。



葬儀でのアクセサリ、小物選びの基本

フォーマルアクセサリー カテゴリへ
 

念珠は必要ですか?

 

大人の女性としては持っておくほうがベター。

仏式の式典で、焼香や出棺見送りのとき、合わせた手にかける念珠。持っていなくても失礼には当たりませんが、大人なら持っておくのがベター。社会人としては、仕事関係で万一のことがあった場合に備え、職場にも一つ用意しておきたいものです。ちなみに念珠は、貸したり借りたりせず、家族の中でも一人ひとり自分専用に持つもの。万一忘れた場合は、人に借りてまで使うより、心を込めて手だけを合わせるのがよいでしょう。



お通夜や、法事、葬儀での、念珠、ふくさ、ハンカチの使い方

念珠・袱紗 カテゴリへ
 

急な訃報の場合、どんな服装で駆けつければいい?

 

できれば地味な服装で。余分なアクセサリーははずします。

準備していたかのような礼服はかえって失礼。もちろん平服でも、黒や紺の地味な服装が理想的ですが、急な知らせに駆けつけてきたことが伝われば、服装のことでとがめる人はいません。立場によっては、動きやすい服装でお手伝いをしてあげるほうが喜ばれるでしょう。ただし、アクセサリーについては、マリッジリング以外ははずします。また、哀悼の気持ちを表すため、何か一つだけでも黒いものを身につけられれば上級者です。



  • ブラックフォーマルのしきたりは地域や習慣によって異なりますので、あくまでも一般的な知識としてご参照ください。
スーツ・アンサンブル

スーツ・アンサンブル >

ジャケット・コート

ジャケット・コート >

ワンピース

ワンピース >

スカート・パンツ

スカート・パンツ >

ブラウス

ブラウス >

フォーマルバッグ・靴

フォーマルバッグ・靴 >

フォーマルアクセサリー

フォーマルアクセサリー >

フォーマル雑貨

フォーマル雑貨 >

念珠・袱紗

念珠・袱紗 >

その他

その他 >